航空英語への導入

このコースは航空についての知識の増強のニーズを持ち、航空産業でのキャリア開発のためのトレーニングを始めることを目標とする方を対象とします。操縦士または航空管制官を希望する、あるいは空港管理業務で航空産業の仕組みについての概観を知る必要がある方などが挙げられます。

一般的な英語力を向上させると同時に、この特別プログラムで航空産業に対するより深い分析的理解と用語の一部についての理解を促進します。

一般英語集中コースと航空コースを効果的に組合せることもできます。統合スキル・アプローチによる集中プログラムでは、英語一般の能力開発に焦点を当てます。コースの専門コンポーネントは、航空業界の一連のトピック・エリアを使用して、訓練生の航空英語の語彙の拡張に注力しつつ理解と発信に関わる語学力を向上させます。

コース情報

一般英語集中コース
このコースでは、構文、用法、口頭でのコミュニケーション、語彙、聞き取りおよび読解のそれぞれの能力開発に焦点を当てます。

航空英語コース

様々な航空業界の状況に合わせてコミュニケーションに必要となる語学力や語彙の開発に焦点を当てます。

  • 航空業界でのキャリア – 操縦士、航空管制官、エンジニアおよび他の地上業務の管理スタッフ
  • 航空機 – 機種、構造およびメンテナンス
  • 空港 – 各エリア、レイアウト、設備と平面図
  • 航行過程 – 離陸時間遅延、離陸管制、着陸
  • 航空関連用語 – 航行中のコミュニケーション
  • 航空理論
  • 気象学
  • ナビゲーション
  • 緊急事態
  • 国際民間航空条約(シカゴ条約)

訓練受講証明書

訓練生は、コース修了後は、必要科目の完了を条件にアングロ・コンチネンタルの訓練受講証明書が交付されます。

コース番号 : IAE-30
受講に必要な学習レベル :中級
週のレッスン回数 (45 分 )30
英語一般 20 レッスン
および
航空英語 10 レッスン
クラス人数 - 英語一般最大 15 名
クラス人数 - 航空英語最大 12 名
最低年齢16
コース期間 :2-4 週
時間割例 :詳細を表示